編集規定(2017年9月改正)


  1. 日本社会病理学会機関誌として『現代の社会病理』(以下、本誌とする)を年1回発行する。
  2. 本誌は、原則として、会員の未発表論文の発表に充てる。
  3. 本誌の編集は、編集委員会が行う。
  4. 自由投稿論文の掲載は、査読委員による審査を経て、編集委員会が決定する。原稿は「論文」として投稿した上で査読することとし、編集委員会が査読の結果によって「研究ノート」として掲載を認めることがある。
  5. 自由投稿論文は、所定の執筆規定に従って執筆することとする。
  6. 投稿を希望する者は、原則として1月末日までに下記の本誌編集委員長宛に電子メールにて申し込まなければならない ※。
  7. 投稿の締め切りは、原則として3月末日必着とする。原稿は、下記の本誌編集委員長宛に、原則として電子メールの添付ファイルにて送付する。

      電子メール: jasp.edit11★gmail.com (日本社会病理学会編集委員会)
    ( jasp.edit11の11は半角数字です。またメールを送る際には、★を半角の@としてください。)

     郵送先:〒359-8513
     埼玉県所沢市並木3−2 防衛医科大学校医学教育部(社会学)
     金子雅彦


     ※投稿希望者は、原則として前年12月までに会員資格を有する者に限る。
      入会に関してはこちらをご覧ください。



著作権規定(2017年9月改正)


本誌に発表された論文等の著作権は、日本社会病理学会に帰属する。また、これらを他の著作に転載等する場合には、事前に文書で本学会事務局に申請し、理事会の承認を得なくてはならない。ただし、著作者本人が著作物を転載等する場合は、出典(本誌誌名、掲載巻号、ページ等)を明記することを条件に本学会事務局に申請すれば、本学会理事会の許諾を得ずに行うことができる。


投稿及び執筆規定(2017年9月改正)


  1. 本誌に発表する論文などは、いずれも他誌に未発表のものとする。
    また外国語による論文は、英語のみ(ネイティブ・チェック済み)認める。
    なお英文による投稿は、日本社会学会の英文誌IJJS(International Journal of Japanese Sociology)のAuthor Guidelinesに準拠する。
  2. 自由投稿論文の分量は20,000字以内(図表を含む)とする。
    図表は、A4版で、例えば1/4ページの場合400字、1/2ページの場合800字として換算する。
    その他の論文などの執筆規定は、別途依頼時に執筆者に送付することとし、本規定では自由投稿論文について定める。
  3. 原稿はMS-Wordで作成する。
    書式はA4版用紙に横書きで1ページ全角40字×40行とする(空白部分は上記分量に含まない)。
  4. 本文の見出しは以下のように統一する。
    1. 2. 3.   −−−−−大項目
    (1) (2) (3)  −−−−−中項目
    a b c −−−−−小項目
  5. 本文中の脚注番号は、該当個所の右肩に(1) (2) (3)で表示する。
  6. 引用文献は本文の該当個所に[著者名(姓のみ), 西暦発行年: 頁数]で示し、タイトルは論文の最後の「文献」のところに、一括して表示する。
    例 [岡村, 1980: 33-35] [Parsons, 1961: 訳書25-35]
  7. 「文献」の書き方は、著者名(姓を最初にして)、西暦発行年、タイトル(日本語の場合、単行本『 』、論文は「 」:欧文の場合は、単行本はイタリック体、論文は“ ”)、掲載雑誌名(欧文雑誌の場合はイタリック体)あるいは出版社名、掲載頁の順序で記載し、なおかつ著者名のアルファベット順に並べる。欧文以外の外国語文献の場合は、日本語や欧文の場合を参考にして、投稿者の責任で文献の記載をする。

    @湯沢雍彦 1973 『図説 家族問題』日本放送協会.
    A伊藤富美 1985 「家族機能の喪失と家族臨床」日本家政学会家族関係学部会編『家族関係学』No.5: 20-24.
    B牧野カツコ 1988 「現代家族の教育機能」望月嵩・木村汎編『現代家族の危機』有斐閣: 165-190.
    CParsons, T. and Bales, R. F. 1955 Family: Socialization and Interaction, The Free Press. (橋爪貞男・溝口謙三・高木正太郎・山村賢明共訳 1971 『核家族と子供の社会化』黎明書房).
    DRook, K. S. 1987 “Reciprocity of Social Exchange and Social Satisfaction among Older Women”, Journal of Personality and Social Psychology 52: 145-154.
    EHirsch, B. J. 1985 “Social Networks and the Ecology of Human Development: Theory, Research and Application” in Sarason, I. W. and Sarason B. R. (eds,) Social Support: Theory, Research and Applications, Martinus Nijhoff Publishers: 117-136.
    F厚生省大臣官房統計調査部編 1972 『人口動態統計(昭和46年版)』財団法人厚生統計協会.
  8. 図表番号は「表-1」「図-1」のように表示する。
  9. 図と表のタイトルは、図の場合は下に、表の場合は上に付ける。
  10. 図表を他人の著作物から引用する場合は、必ず出典を図表の下に明示する。
  11. 図表は当該原稿に組み込み、その原稿がそのままでも印刷可能な状態で提出する。
  12. 原稿には表紙を付け、和文タイトルと英文タイトルを併記し、その下に和文と英文で執筆者名、所属を明記する。なお、表紙の下に、執筆者の住所と電話番号と電子メールアドレスなどの連絡先を記入する。
  13. 原稿本文は匿名の査読にまわすため、和文タイトルと英文タイトルのみを併記し、 編集委員会からの連絡があるまでは、投稿者の氏名、所属は記入しないこと。
  14. 論文原稿には、英文要約(180語以内)と英文キーワード(3つ)、及び英文要約の日本語訳(400字以内)とキーワード日本語訳を表記する。